何時代の写真でしょう!?季節で変わる大内宿  

Curated by :  Natsuki

人気観光地大内宿


問題です!このタイムスリップしたような町並みは何時代の写真でしょう?




なんとこれは、現在の写真なんです!日本にはまだこんな茅葺屋根の建物が存在しています。


ここは、福島県にある「大内宿」という人気観光地です。

年間100万人以上の観光客が訪れ、テレビや雑誌など多くのメディアでも注目されています。

今回は四季によって変わる大内宿の魅力をご紹介します!




大内宿は約400年以上前、江戸時代には運搬路として重要な道であった会津西街道沿いの宿場町として

参勤交代で江戸へ向かう大名や旅人の宿場町として栄えました。

実は、重要伝統的建造物群保存地区として選定されているんです。


ここでしか食べられないグルメ!

大内宿の多くの民家がお店やお食事処を行っております。

中でも、「ねぎそば」と呼ばれるおそばが非常に人気を集めています!




ねぎが一本、豪快に乗せられているこちらがねぎそばです。

箸が見当たりません。。。どうやって食べるのでしょう。。。。

実は、この葱をかじりながら箸代わりにしておそばを食べるのが、ここの名物なんです!




ポイントはあまり葱をかじり過ぎないこと。おそばがすくえなくなってしまいます。

このダイナミックさが人気になり、売り切れることもしばしば。。。。

その他にもイワナや味噌もちなど、日本らしい食べ物が並びます。食べ歩きするのも楽しいですね。




大内宿の最大の魅力は四季で変わるその風景です。

春~夏

近くの桜や新緑が大内宿をより際立たせてくれます。




紅葉の秋

見事に紅葉した木々をバックにみる、大内宿は他では見ることのできない絶景です。




最大の魅力は冬!

冬の大内宿は、まさに「日本の美しさ」を表したような風景です。

真っ白な中に埋もれた茅葺屋根の家屋。これこそ、外国の方が想像する日本の風景でしょう。

そんな、これまでの季節とは全く違う景色を見ることができます。




また、冬には雪祭りが行われ、多くの観光客に人気になっております。

基本的に2月の第2土曜日・日曜日に開催されます。




かまくらや雪で作られた灯籠が迎えてくれます。この雪祭りは夜からが本番!

灯籠に灯がともされ、辺りは雪に反射した光が優しく包んでくれます!

これがなんとも絶景です!





また、花火も打ち上げられます。茅葺屋根と雪、花火のコラボレーションは幻想的で

ここでしか見ることが出来ません。


わたしたち日本人にも人気の「大内宿」。

日本には四季があり、それにより観光地の見え方は様々です。

一度だけでなく、季節を変えて訪れれば、また違った景色を見ることができるでしょう。

是非、まだ残る日本らしさを大内宿で感じてみてください。




・名称:大内宿
・住所:福島県南会津郡下郷町大字大内字山本8
・電話番号:0241-68-3611(案内所)
・アクセス:最寄駅 会津鉄道「湯野上温泉駅」
      湯野上温泉駅からタクシーで約10分、
      バス(4月~11月)湯野上温泉郷号(乗合バス 要予約)
・営業時間:9:00~17:00




こちらの記事の配信元 : www.hisgo.com/visit-japan/

Add a new Comment

If you want to write a comment, Please log in.
Log In