身長148㎝の女の子にゲテモノを食べさせてみた  

Curated by :  Shota Ishigami

「美味しくてなかなか手に入らない食べ物を出すお店があるんだけど、一緒に食べに行かない?はるかちゃんにぴったりのお店だと思うんだ!」

身長148cm。一見すると中学生のような愛らしい外見をしているはるかちゃん。「いいですよ!」無邪気な笑顔で、彼女はこう答えました。

おしゃれでかわいいはるかちゃんのことだから、きれいなお店やトレンドのお店は行きつくしているに違いない――そう考えた僕は、ちょっと変わった食べ物を出すお店に彼女を連れていくことに……。

  • まずは可愛いハブの酒

    怪しげな外観と店内……。少し身構えつつも、楽しそうなはるかちゃんの様子がこちら。


    いきなりカシスオレンジを頼もうとした彼女を手で制し、僕は「いつものやつください」と店員に言いました。

    「えっ!?なんですか!?」「まあまあ……」

    困惑して質問を繰り返す彼女をなんとかやり過ごし、数分後に運ばれてきたのは……!!


    「ハブだなんて、聞いてない!石上さんひどいです(涙)!」とか言われてしまったので、僕が代わりに飲むはめに……


    なんとも言えない味がしましたが、ほとばしるエネルギーを感じました。

  • 素敵なヤギの刺し身

    Tokyo Hotel
    source : www.yunphoto.net

    泣きそうな彼女をよそに、頼んでいた料理が続々運ばれてきました。「実はゲテモノを出すお店なんだよ~」と言ったら、「そんな……私のこと、だましたんですね……」と言っていました。「いやいや、だましたわけじゃ……」

    そんなことを話している最中、到着したのはヤギの刺し身!


    ヤギの刺し身と聞くと少し抵抗があるかもしれませんが、とても美味しかったです。はるかちゃんも徐々に笑顔を取り戻しつつありました。

  • これぞ珍味、ヤギのキ○タマ

    しばらく彼女と談笑していると、次の料理が運ばれてきました。

    「ヤギのキ○タマだよ~♪」「えっ!?」

    ……そこには凍りついた彼女の顔がありました。


    はるかちゃんは、キ○タマを、すごくおいしそうに、そして楽しそうに食べていました。そんな彼女を見ていると、心なしか股間のあたりに鋭い痛みを感じたような気が……。

  • 幼虫いっぱい夢いっぱい

    Tokyo Hotel
    source :blogs.yahoo.co

    次はスズメバチの子が登場です。都会育ちのはるかちゃん、幼虫を食べるなんて発想は少しもないようでした。


    こんな見た目の幼虫を出されても、彼女は僕の想像の斜め上を行く笑顔!楽しそうにバクバク食べていました(笑)

  • 模様丸見えウシガエル

    次は、夏に川沿いで「モーモー」と鳴いているウシガエルの皮をパリパリになるまで焼いたもの。模様が丸見えで、「カエル」感がものすごかったです……。


  • 締めは大好きクマさん鍋

    Tokyo Hotel
    source : ja.wikipedia.org

    締めは、はるかちゃんが大好きなクマさんの鍋!「クマさんを……食べるのか……」とたじろいでいる僕を尻目に、「クマさん、可愛いですよね~!」と言いながら、はるかちゃんはひまわりのような笑顔で食べていました……。


    米とサーカス

    東京都新宿区高田馬場2-19-8

    JR高田馬場駅から徒歩3分

    hp : miyashitakikaku.com/store/komecircus

    tel : 03-5155-9317

    5:00pm~5:00am(L.O.4:30am) 年中無休

  • さいごに

    キャーキャー言わせようと思ってはるかちゃんを連れてきたのに、どうやら僕の方が大きなダメージを受けたみたいです。男らしい面を少しも見せることができませんでした……。はるかちゃんの小さな体の、一体どこにこんな度胸があるのでしょう。なんとかぎゃふんと言わせたいので、次回はもっとエグい食べ物を出すお店に連れて行こうかと考えております!次回作に乞うご期待!

Add a new Comment

If you want to write a comment, Please log in.
Log In