美女を絶叫マシンに乗せてみた。  

Curated by :  Shota Ishigami

突然ですが、僕には片思いの人がいます。彼女の名前はゆうこちゃん。何度も告白したのに、僕のことを好きになってくれません。そこで、ゆうこちゃんを“日本一の絶叫スポット”である「富士急ハイランド」に誘いました。僕は絶叫マシンが大好きなので、その楽しさを味わってもらいたいのがひとつ。もうひとつの理由は、スリリングなひとときを共有することで、心が傾くかもしれないと考えたからです!

「絶叫マシンって……こわいやつだよね?」

「いやいや、楽しいやつだよ!」

「……じゃあ、行く!」

rollercoaster2
  • FUJIYAMAに乗せてみた

    rollercoasterl

    「KING OF COASTERS」とも呼ばれるFUJIYAMAは最高速度130km/h、最大落差70m、最高部79mという、世界でも屈指の絶叫アトラクション。まずは、これに乗せよう。きっと楽しんでもらえるだろう。はやくゆうこちゃんの笑顔が見たいなーー。僕はそう考えていました。

    Here’s a video of FUJIYAMA:

    こちらはFUJIYAMAに乗る前の様子。とても元気そうですね。「楽しみ!」と言って、ひまわりのようにキラキラした笑顔を向けてくれた彼女。ワクワクしているゆうこちゃんと、ドキドキしている僕。そんな二人を乗せてFUJIYAMAは走り出しました。フジヤマの映像がこちら

    Here’s a video of FUJIYAMA

    弾丸のようなすさまじさで走ること約3分。強烈なスピード感や圧倒的なスリルに僕は興奮を抑えられませんでした。

    「チーターが走ってるみたいで気持ちいいね、ゆうこちゃ……ん?」

    rollercoaster2

    そこには涙とよだれと鼻水でぼろぼろになったゆうこちゃんの姿が!そういえば乗車している3分間、隣からずっと悲鳴が聞こえていたような……。しかし、顔は笑っているのでまだまだ余裕がありそうでした。「よし、じゃあどんどん行こう!」。とアトラクションに引っ張っていきました。ギョッとしたゆうこちゃんの顔が視界に入りましたが、見て見ぬふりをして(笑)。

  • 「ええじゃないか」に乗せてみた

    「ええじゃないか」は、足が床についていない状態で乗るのが特徴のアトラクション。宙ぶらりんの不安定感が緊張感をあおり、前後や斜めにめまぐるしく回転しながら、進んでいきます。

    rollercoaster3

    「乗る前から泣きそうになっているゆうこちゃん。「大丈夫大丈夫大丈夫……」と100回くらい言って連れてきました。この頃から「う~」としか返事をしてくれなくなったけど、それもステキなんですね(笑)。

    全部で14回転!まさに前後不覚!何がどうなっているかわからなくなる、恐怖の新感覚!例えるなら、前方宙返りを上空50mでやるようなものです。僕は興奮しながら「ツバメってこんなきっと感じなんだ、楽しいね!ゆうこちゃ……」

    rollercoaster4

    放心状態のゆうこちゃん……!そういえば乗っている間中、「きゃー!」のようなかわいい声ではなく、聞こえてきたのは「ウオオオオオオ!」や「ギョエエエエエエ!」という叫び 。

    もう帰ろうよ。遅いし、十分楽しんだし、鼻水出るし……」と疲れきった様子のゆうこちゃん。しかし、時計を見るとまだ5:00pm!逃げようとする彼女を捕まえて、次のアトラクションへ走り出しました!

    「高飛車」に乗せてみた

    FUJIYAMAが高さなら高飛車は角度!垂直落下という、速さや回転に勝るとも劣らない恐怖を実現させたアトラクションです。

    rollercoaster4

    見た目からすでに本気でビビるゆうこちゃん。「帰る!帰る!」とわめくゆうこちゃんを「死なないから大丈夫!」と説得して乗ってみました。

    1分17秒からは必見!

    垂直に落ちるという恐怖に加えて、下るときに途中で止まるという絶妙な演出!「ヤモリの視界ってこんな感じなんだ!ヤモリとして生きていくのもきっと楽し……ゆうこちゃん!?」

    rollercoaster5

    富士急ハイランド

    山梨県富士吉田市新西原5-6-1

    首都高速4号線から中央自動車道大月JCT経由、河口湖I.Cをおりてすぐ。首都高速3号線から東名高速道路御殿場I.Cをおり、国道138号線を進む(約15分)。東富士五湖道路須走I.Cからのり、富士吉田I.C(約15分)をおりてすぐ。新宿からバスで行くのがオススメ!詳しくはホームページを参照してください!

    hp : http://www.fujiq.jp/

  • さいごに

    帰りの車で、ほとんど喋らなくなってしまったゆうこちゃん。

    「楽しかったね!」「……うん」「良い思い出になったね!」「……うん」「絶叫マシンどうだった?」「……うん」「今日はどうもありがとうね!」「……好き」

    蚊の鳴くような小さい声でしたが「好き」と聞こえました!これはもしや、作戦成功!?……と思ったのですが「私は平地をゆっくり走る乗り物が……好き」とのこと。

    彼女が振り向いてくれる日は、まだまだ先の話になりそうです。

Add a new Comment

If you want to write a comment, Please log in.
Log In